初回のカウンセリング (1回50分)

 初回のカウンセリングでは、ご相談されたい内容について詳しくお話をお聴きします。

問題となっている状況

・改善したいこと

・カウンセリングの目的

・精神疾患の有無(カウンセリングを安全に行うために、精神疾患で通院中の方、以前に通院したことのある方については、これまでの経緯について伺っています。)

などについてのお話をうかがいます。

 

 問題となっている状況を理解し、お客様がカウンセリングを受けることで何を得たいのかについて伺います。その上で問題を解決するためにどのような癒しの方法を行うかについて話し合います。

 

 当カウンセリングルームでは、初回のカウンセリングの際にオーラソーマ・カラーケア・システム®という色彩を用いた心理査定の方法を使って、お客様がご自分の心の状態をよりわかりやすく、より深く理解するオーラソーマ・コンサルテーションを行っています。

 

 オーラソーマ・コンサルテーションは、上下二層の色彩に分かれた115本の色の組み合わせを持ったカラーボトルから、あなたが心を惹かれる4本のボトルを選ぶことで、

○ 人生の使命と目的。本来持っている魂の本質や才能。 

○ 問題、困難な状況を通して得ようとしている成長

○ 問題を改善するために必要なこと

○ 変化のプロセスの中で、現在どのような地点にいるのか。

○ (ひとつの可能性としての)未来の姿。

などについて、それぞれのカラーボトルに秘められた意味から読み解いていきます。 

カウンセリングの進め方について話し合う

 初回のカウンセリングで見えてきた問題の原因や改善すべき点を整理し、お客様の現在の問題を改善するのに最もふさわしい方法をご提案し、お客様のご希望も伺いながら、実際にどのようなカウンセリングを行うかについて話し合って決めます。

 カウンセリングで用いる方法には、次のような方法があります。

 

2回目以降のカウンセリングの進め方

心理カウンセリング ( 1回50分 )

 臨床心理士などによって行われている通常のカウンセリングです。

 安心して自分の心と向き合う「心の居場所」です。また、カウンセラーに話しながら、心や考えの整理をすることもできます。現実的・具体的な対処法をカウンセラーと一緒に探したり、問題の背景にある行動パターンや物事の捉え方を修正することが出来ます。

オーラソーマ・コンサルテーション ( 1回50分 )

 初回カウンセリングでも行ったオーラソーマ・コンサルテーションで見えてきた内容をさらに深め、実際の問題の改善のために必要なことを話し合うカウンセリングです。

 オーラソーマでは、選んだ4本のカラーボトルに含まれる色の背後に隠されている様々なレベルの情報を参考にしながら、あなた自身が自分自身のより深い心の内容を理解し、問題を改善するための気づきを提供してくれます。

 また、ご希望される方には、香水やボディオイルなどのオーラソーマ製品を実際に使用して、リラクゼーションを体験していただくこともできます。

エンプティチェア・カウンセリング ( 1回 100分 )

 心理カウンセリングでも長年用いられてきたカウンセリングの方法のひとつ、問題や葛藤を抱えている相手や、現実に対話したくてもできない相手と、4つの椅子を使って向き合っていく、というカウンセリングの方法です。

 カウンセラーのサポートで、客観的な視点から 相手とのやりとりを振り返りながら、理解しあえなかったり、否定的な感情を抱いている相手と対話をしていきます。

 自分と相手との間にある問題や葛藤を癒していくと、予想もしなかった相手の心が見えてきたり、まったく気づいていなかった自分自身の心に光が当たり、そこに癒しがもたらされます。

ハートからのカウンセリング (1回 100分)

 ※ 会場は 神楽坂 セラピースペースパレット になります

 ハートからのカウンセリングは、ラハシャ・フリッチョフ・クラフト博士(医師)によって開発され、長年にわたって世界各地で実施されてきたカウンセリングの方法です。

 私たちが悩みや問題を抱える時に感じる苦痛、悲しみ、怒りといった否定的な感情を、カウンセラーのサポートを受けながら深く体験していくことで、深い癒しや気づきがもたらされていきます。

 わかっているのに改善しない問題や、過去の辛い体験が原因となっている問題、感情に関する問題を改善するのに役立ちます。

 なお、ハートからのカウンセリングは非常に深い心の内容と向き合いますので、1回100分でご予約いただいています。神楽坂駅 徒歩7分にあるセラピースペース パレットの静かで安心できるセラピー専用の部屋を借りて行います。

催眠療法 (1回100分)

 ※ 会場は 神楽坂 セラピースペースパレット になります

 「催眠」とは、リラックスして、自分の心の内側に意識を集中した状態のことです。体の力を抜いて心身がリラックスした状態になることで、ふだんは外側に向けられている意識を自分の心の内側に集中させ、抑えていて自分でも気づいていない深層心理について、リラックスして自分の心に集中した状態を催眠状態と呼びます。

 この催眠状態になることで、ふだん気づくことのない自分の内面を知り、自分の心と向き合う心理療法が催眠療法です(ヒプノセラピーとも呼ばれます)。

 

 私たちがカウンセリングで行っている催眠療法には、次のようなものがあります。

〇 イメージ療法

 様々なイメージを通して、隠された自分の心を体験し癒していく 

〇 退行催眠療法

 今の人生の過去の記憶を思い出すことで癒す 

〇 前世療法(過去生療法)

 催眠療法で思い出す心の内容を、今の人生よりも前の記憶(前世・過去生)にまで範囲を広げた催眠療法です。これはアメリカの精神科医ブライアン・L・ワイス博士の著書「前世療法」(PHP研究所 1988年)で日本でも広く知られるようになった、催眠療法を用いた癒しの方法のひとつです。  

〇 リラクゼーション

 呼吸やイメージを使って、心と体をリラックスした状態にする方法。家でも自分をリラックスさせてあげることが出来るようになります。

 

  なお、催眠療法は非常に深い心の内容と向き合いますので、1回100分でご予約いただいています。神楽坂駅 徒歩7分にあるセラピースペース パレットの静かで安心できるセラピー専用の部屋を借りて行います。

 

※ 催眠療法への向き不向きについては個人差があります。

※ 辛い感情や記憶と向き合うこともありますので、催眠療法を用いるかどうかについては初回のカウンセリングでよく話し合ってから決めるようにしています。

※ 催眠療法を行うことで、かえってその方に不利益が生じるリスクがある場合は、催眠療法をお引き受けできない場合もありますのでご了承ください。