人間を「心・体・魂」を持つ全体的な存在として捉える「ホリスティック」な癒しを研究・実践してきた臨床心理士・物部よしひろのカウンセリングルームです。

 

臨床心理学を学び、カンセリングの現場の最前線で経験を重ねてきた臨床心理士が、瞑想、アロマセラピー、カラーセラピーなどの癒しの方法を使った心の癒しを提供しています。 

イラストは 夢実現応援コーチ®︎&グラフィックファシリテーターの八川まどかさんの「グラレコーチング™️」で描いていただいたものを掲載

悲しい時、寂しい時。 「もういやだ〜!」と思う時。

疲れはててしまった時。 怖くて不安で震える時。

「どうしよう?」と迷う時。 怒りがこみ上げてくる時。

 

そんな時、あなたの心をおやすみさせてあげるための、暖かくて心がやすらぐ場所。

そんな場所を提供したいという思いでカウンセリングルームを作りました。

 

いろいろな思いが、ふっと消えていって、暖かい安心できる気持ちがよみがえってくる。

心のおやすみ処 風庵(ぷうあん)は、そんな場所でありたいと願っています。


カウンセリング

 

暖かく包み込むような癒しの雰囲気で、安心して自分の心と向き合う空間と時間を提供しています。

 

※対面式、オンラインどちらも対応しています。


瞑想

 

暖かい雰囲気で心を洗い流す個別の瞑想レッスンと、参加者の質問に答えながら心のしや幸せに暮らすための方法についてわかりやすく解説する瞑想会を開催しています。


イベント / セミナー

 

大学・専門学校で講義を担当するほか、企業や団体向けのセミナー等で行う笑いあり感動ありの、心にすっと染み込むような講演を提供しています。

心理学、瞑想、ホリスティックな癒しなどの心がほっこりするお話、心に元気をくれるメッセージ「心ほっこり講座」を不定期で更新しています。



プロフィール

 

物部よしひろ  Yoshihiro  Monobe

臨床心理士 立教大学兼任講師

カウンセラーとして20年にわたり活動中。

 

ホリスティックな癒しを学ぶ中で瞑想を始め、さまざまな瞑想法を実際に体験しながら、より安全で安心して日常生活に取り入れられる瞑想法を研究している。瞑想歴は15年。

 

2011年9月から8年間、東日本大震災の際に被災地緊急派遣スクールカウンセラーとして岩手県、宮城県の被災地域の学校に派遣され、東京と宮城県を往復しながら、被災地の子ども・若者たちの心のケアにあたった。

 

現在は立教大学現代心理学部で講義を担当。大学・専門学校・企業・団体向けのセミナー等で行う講座は、暖かい雰囲気と心にすーっと染み込むような話し方で人気を博している。

 

《 主な経歴 》

 

専修大学大学院文学研究科心理学専攻(心理学・修士)修了。臨床心理士。

 

・大学学生相談室カウンセラー

・公立学校スクールカウンセラー

・株式会社 東京カウンセリングセンター カウンセラー

・東日本大震災 緊急派遣カウンセラー(文部科学省 緊急スクールカウンセラー等活用事業)

 岩手県宮古市2011年5月 / 宮城県 南三陸町・気仙沼市 2011年9月〜2019年3月

・アイヘルパースクール 講師(高齢者・障がい者の心理)

・TMS福祉カレッジ 講師(高齢者・障がい者の心理)

・服部栄養専門学校 兼任講師(心理学)

・立教大学現代心理学部映像身体学科 兼任講師(医学身体論)


心がやすらぐ幸せブログ「心のおやすみ処 風庵(ぷうあん)」

人間を「心・体・魂」を持つ全体的な存在として捉える「ホリスティック」な癒しを研究・実践してきた臨床心理士が、瞑想、ホリスティックな癒しなど、ほっこり癒されるお話を更新しています。


最新情報



対面式のカウンセリング・瞑想は池袋のオフィスで行っています。

池袋駅 西武東口よりグリーン大通りをまっすぐ徒歩6分 有楽町線 東池袋駅 1番出口より徒歩1分

 

ZOOMを使ったオンラインでのカウンセリング・瞑想もご予約いただけます。